テザー(USDT)の特徴と関連記事まとめ&要約

こんにちは!仮想通貨初心者向けブロガーのKeiです。

 

この記事では、最近問題視されている仮想通貨テザー(USDT)についての簡単な説明と、関連する記事の紹介&要約をしていこうと思っています。

 

テザーのことをまだほとんど知らないという方の助けになれば幸いです!


1、テザー(USDT)の概要と特徴

まずテザー(USDT)の概要を簡単にまとめてみました。

 

通貨単位 USDT
承認メカニズム PoR(Proof of Reserves)
運営母体 Tether Limited
CEO

JL VAN DER VERDE 

時価総額 2,277,924,523$(2018年1月30日時点)
公式サイト https://tether.to

 

引用:Tether公式サイト

 

合わせて、Tetherの特徴も簡単に。

・法定通貨(ドル)と、価値が連動する「ペグ通貨」である。

(原則1USD=1USDTで固定されている)

 

・法定通貨のメリット(安定性)と、仮想通貨のメリット(安価な送金手数料、24時間移動可能など)を備えている。

 

・運営母体 「Tether Limited」を持つ中央集権体制をとっている。

 

・大手取引所Bitfinexと資本関係にある。

といったところ。

 

一見、利便性の高い素晴らしい通貨に見えますよね??

 

ただ、そんなテザーはこれまでも何度か問題視されたことがあり、現在その緊張がまた高まってきています。

 

 

もちろん疑惑の段階で事実かどうかは不明ですが 、起こりうるリスクを事前に知っておくことはとても重要だと思っています。

 

今回は、テザーに関する記事をいくつかピックアップし、その記事の要約も合わせて書いていきますね!

 

2、テザー(USDT)に関する記事

1、ビットコインが一時大幅安、仮想通貨テザーに窃盗被害-35億円
(2017年11月21日)

引用&要約

 

・仮想通貨テザーが3100万ドル(約35億円)の窃盗被害に遭ったことがわかった。

 

テザーの運営会社がウェブサイトで同日明らかにしたところによると、テザー・トレジャリー・ウォレットからこの金額が19日に引き出され、未承認のビットコインアドレスに送金された。

 

・ビットコインは一時5.4%安の7798.72ドルとなった。

2、仮想通貨テザーの謎、「1テザー=1ドルで保証」は真実なのか
(2017年12月6日)

引用&要約

・テザーの価格は誕生以来ほぼ常に1テザー=1ドルで推移してきた。テザーの背後にある企業が1テザーに対して1ドルの準備金によって保証していると言明してきたからだ。

・ブロックチェーンと仮想通貨新興企業のリスク分析を手掛けるティム・スワンソン氏は「どこに証拠があるのか」と疑問を呈している。

・テザーのウェブサイトは「1テザーに対して常に当社は1ドルを準備している」とうたっている一方、テザー保有者が現金への交換を求める法的根拠は何もないことも明記している。 

3、【テザー疑惑】新規USDT発行直後にビットコイン価格上昇の傾向 匿名レポートが市場操作の可能性指摘
(2018年1月29日)

 

引用&要約

 

・米ドル等の法定通貨に裏打ちされた仮想通貨テザー(USDT)がビットコイン市場操作に利用されているという匿名の分析レポートが先週発表され、話題になっている。  

 

・レポートによると、ビットコインの急激な価格上昇のうち大半の場合において、USDTが発行されビットフィネックスのウォレットに着金してから2時間以内に起こっていると分析している。  

 

 ・レポートは分析で示された統計値が不正行為を証明するわけではないとしつつ、世界4大会計事務所による監査の必要性を説いている。

4、テザー社が監査法人と関係打ち切りの噂でUSDT巡る疑惑高まる。 
(2018年1月29日)

引用&要約

 

・米ドルなどの法定通貨と連動する仮想通貨テザーの運営会社と監査法人フリードマンLLPとが関係を打ち切った、という観測が27日から流れている。

 

・コインテレグラフでは週末中に両者に連絡したが返答は得られていない。  

 

・現在テザー社の現預金は約2400億円あるとされているが、正式な監査がない限り真偽を確かめることはできない。

 

また、準備金が他の目的に使用されていないかの確認も必要だ。  

 

・例えば、一度に50~100億円規模のテザーが発行されることはよくあるが、誰がこれだけのテザーを買っているのか憶測を呼んでいる。  

 


 

以上となります。

 

<追記>

テザーの疑惑をさらに深掘りした記事を書きましたので、こちらも合わせて読んで見てください。

まだ疑惑の段階ですが、 非常にグレーな匂いがするのも確かです。

 

もし、疑惑が事実であった場合の仮想通貨市場に対するインパクトがかなり大きいと予想されるので、引き続きウォッチしていく方が良さそうですね。

 

それでは最後まで記事をお読みくださった方、ありがとうございました!

 

 

コメントをお書きください

コメント: 1
  • #1

    shinnichi miyata (木曜日, 08 2月 2018 19:00)

    ●【BitTrade新規口座開設プログラム】アフィリエイト広告掲載のご依頼
    突然のブログからのご連絡で申し訳ございません。
    初めまして。投資情報サイトfx-on.comを運営しています株式会社ゴゴジャンの宮田と申します。
    ブログの記事を拝読しまして、是非私どもfx-on.com_ASPの『BitTrade新規口座開設プログラム』アフィリエイト広告の掲載をお願いできないかと思いご連絡いたしました。
    ただ、ブログによりましては、バナー掲載できない場合がございますので、
    恐縮ではございますが、ブログ運営会社の規約をご確認いただくよう宜しくお願いします。
    以下詳細を記載いたします
    ↓↓↓
    取引所名 BitTrade新規口座開設プログラム
    定額報酬 ¥770
    承認頻度 月1回
    却下条件 公序良俗に反するアダルトサイト
    承認条件 口座開設後本人確認書類受領
    ※件数によっては、特別報酬の可能性あり
    ★3分でアフィリエイト登録できます!
    https://fx-on.com/regist/aff/
    その他疑問点などがございましたらお気軽にお問い合わせいただければと思います。
    株式会社ゴゴジャン・宮田
    smiyata@gogojungle.co.jp